自然と大地を感じるダイニングレストラン「十勝農園」/北海道・十勝

  1. 十勝農園
  2. 春夏秋冬テーマ
  3. うまい素材に出会う旅 その4-1『生産者直売所 きのっ子ファーマーズ』

春夏秋冬テーマ

「十勝農園」のディナータイムは新鮮野菜を特製スープにくぐらせていただく「野菜しゃぶしゃぶ」をメーンに提供いたします。素材は、馬渕料理長が目利きした全国各地の名物野菜を使用。お客様が足を運ぶたびに、新たなる発見と感動に出会う場所。十勝農園はそんなレストランを目指しています。

連載企画

十勝農園季刊紙「心の食事」馬渕料理長のうまい素材に出会う旅(過去のアーカイブ)

十勝農園季刊紙「心の食事」馬渕料理長のうまい素材に出会う旅
その3

2012年8月10日~

十勝和牛

十勝を車で走ると、気ままに草を食べ、放牧された牛の群れを見ることができます。これらの白黒模様の牛はホルスタインと言われ、雌牛から牛乳を搾っています。では、十勝和牛とはどんな牛なのでしょうか?十勝和牛に出合うために音更町の山川克之さんの農場を訪ねました。

(左から)きのっ子ファーマーズ・マネージャ

 十勝和牛振興協議会・肥育部会長
 山川克行さん

山川さんんは十勝和牛のブランド化を図る十勝和牛振興協議会の肥育部会長。十勝和牛の生産を担っている約70戸の肥育農家の代表であり、十勝和牛の繁殖から肥育までを一貫して手掛ける数少ない生産者の一人です。牛舎にはホルスタインより小さく、全身を黒い短毛で覆われた牛たちがゆったりとした間隔を保ちながら並んでいました。これが十勝和牛です。

 「北海道の肉用牛は、黒毛和種に代表される肉専用種と、ホルスタインの雄肥育牛を中心とする乳用種に大別されます。北海道では約54万頭の肉用牛が飼育されていますが、このうち黒毛和種は19万頭強で、交雑種(F1)を含む乳用種が約60%を占めています。十勝牛と言われる商品は、乳用種であるホルスタインの雄肥育牛か交雑種(F1)を指し、「十勝和牛」は肉専用の黒毛和種を指します」と山川さん。「十勝和牛」はおいしく食べられることを目的に整備された環境の中、北海道で生まれた十勝管内で肥育された黒毛和牛種です。

----------